暮らしとお金

結婚を機に税金や資産運用、老後資金等について考える

暮らしとお金

公的年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給

ゆう(@life__money)です。
先日、老後資金2,000万円について触れましたが、多くの人の老後資金の要である公的年金には繰り上げ受給と繰り下げ受給があるのをご存じでしょうか。今回は、この繰り上げ受給と繰り下げ受給についてざっくりとまとめてみました。

 

繰り上げ受給と繰り下げ受給

現在、年金の支給年齢は65歳からとなっていますが、年金の受給には1ヶ月単位で最長5年間早めて60歳でもらう繰り上げ受給、1ヶ月単位で最長5年間遅めて70歳でもらう繰り下げ受給があり、下図のような仕組みがあります。

なお、年金支給額は、20歳から60歳迄の40年間保険料を支払った人がもらえる金額で、厚生労働省が発表した平成31年度(令和元年度)の年金支給額の78万円/年を基準として考えています。

f:id:life--money:20190923134336j:plain

1ヶ月にすると65,000円程度になりますので、繰り下げ受給によって最大42%も増額されるのはかなり、惹かれます。

年金総支給額

繰り上げや繰り下げによって年金額が変わる事はわかりましたが、実際の受取総額はどのようになるのでしょうか?それぞれのパターンを1つのグラフにしてみました。

繰り上げ受給

5年繰り上げて受給した場合、年金受給額は年55万円となり、100歳迄の40年間での総受給額は2,200万円となります。それに対して、65歳で年78万円の年金を受給した場合は100歳迄の35年間での総受給額は2,730万円となり、繰り上げ受給時より530万円多くなります。

f:id:life--money:20190923142349j:plain

 

繰り下げ受給

5年繰り下げて受給した場合、年金受給額は年110万円となり、100歳迄の30年間での総受給額は3,300万円となり、65歳で年78万円の年金を受給した場合の2,730万円より570万円多くなります。

f:id:life--money:20190923143011j:plain

 

年金支給額の年齢引き上げ等が議論されていますので、将来的にはわかりませんが、将来的な蓄えだけでなく、年金以外の収入源の確保ができたり、何よりも健康でいれたらいいなぁ~と思ってしまいます。

まとめ