暮らしとお金

結婚を機に税金や資産運用、老後資金等について考える

所得税の概略と「103万円の壁」

ゆう(@life__money)です。
仕事などをしてお金を得て、食品や衣類などを購入する経済活動の中には
様々な税金があります。
その様々な税金の1つである「所得税」とそれに関わる「103万円の壁」についてまとめてみました。

所得税の概略

所得税は個人の1年間(1月1日~12月31日)の所得に対して課税される税金で、課税する金額(課税所得)は、収入から必要経費(給与所得控除額)を差引いた所得から基礎控除や配偶者控除等の所得控除を差引いて求めます。

f:id:life--money:20181124211015j:plain

所得税は上の計算式で求めた課税所得に税率を掛けた後に控除額を控除して求めますが、課税所得の金額が高いほど税率も上がる累進課税になっています。

f:id:life--money:20181124211850j:plain

 所得税を計算してみよう!

試しに下記のケースについて大まかに所得税を計算してみました

夫:会社員(年収330万円)
妻:専業主婦
社会保険料:45万円


1)まず収入金額(年収)から必要経費(給与所得控除額)を求めます。
上表の給与所得控除額より
給与所得控除額=330万円×30%+18万円=117万円

2)1)より給与所得を求めます。
給与所得=収入-給与所得控除額=330万円-117万円=213万円

3)所得控除額を計算します。
所得控除額=38万円(基礎控除額)+38万円(配偶者控除額)+45万円(社会保険料)=121万円

4)給与所得から所得控除を差引いて課税所得の金額を求めます。
課税所得=給与所得-所得控除額=213万円-121万円=92万円

5)上表の所得税速算表より税額を計算します。
所得税=92万円×5%=46,000円

*所得控除はいくつか種類がありますが、基礎控除と配偶者控除のみ考慮しました。
*社会保険料は一般的に年収の14%程と言われているので14%で額を算出しました。

実際にはもっと複雑だと思いますが、大まかな額を算出するヒントにはなるかと思います!

「103万円の壁」とは?

所得税の概略で書きましたが、所得税の税額を計算する際に収入から
・給与所得控除額(最低65万円)
・基礎控除額(38万円)
が誰でも差引かれて計算されます。

言い換えれば、給与所得控除額65万円と基礎控除額38万円の合わせて103万円以下には所得税はかかりません。
つまり、「103万円の壁」とは所得税が課税されるかどうかの境界線(壁)と言う事です。

まとめ