暮らしとお金

結婚を機に税金や資産運用、老後資金等について考える

住民税に存在する「100万円の壁」と「155万円の壁」

スポンサーリンク
おススメのお出掛けスポット

ゆうです。
先日、住民税についてまとめましたが、住民税を計算するにあたって2つの壁が存在します。
今回は、住民税に存在する「100万円の壁」と「155万円の壁」についてまとめてみました。

住民税が課税される「100万円の壁」

所得税を計算する際、まず初めに給与から給与所得控除額と所得控除を差引いて課税する金額(課税所得)を求めます。給与所得控除額は収入によって変わりますが、最低でも65万円が給与所得控除として差引かれます。また、所得控除もいくつか種類がありますが、誰でも基礎控除額38万円が差引かれます。つまり、給与から必ず103万円が差引かれる為に103万円までは所得税がかかりません。これが「103万円の壁」です。

一方、住民税も計算する際、まず初めに給与から給与所得控除額(最低65万円)と基礎控除額(住民税の場合は33万円の合わせて98万円が誰でも差引かれます。所得税と同じ考え方であれば、「98万円までは住民税がかからない」となりますが、住民税においてはこれとは異なります。住民税には非課税限度額(35万円)があり、給与所得控除と合わせて100万円が差引かれるので、100万円までは住民税がかかりません。これが「100万円の壁」です。

ただし、給与収入が100万円を超えて住民税を計算する際は35万円の非課税限度額は計算に用いられないので注意して下さい。

配偶者控除を受ける為の「155万円の壁」

「100万円の壁」では、住民税を支払う本人に関する壁でしたが、住民税のみ所得税と同じように配偶者控除があります。控除額の最高額は33万円ですが、世帯主の合計所得が900万円(年収1,120万円)までの場合、奥さんの収入が155万円まで33万円の控除を受ける事ができます。これが「155万円の壁」です。

なお、155万円を超えても201万円まで控除を受けられますが、控除額は以下のようになります。

f:id:life--money:20181205212753j:plain

上図は世帯主の合計所得が900万円(年収1,120万円)までの場合で、それ以上の場合は控除額が変わります。

まとめ